現在の診療

毎日新型コロナウイルスの感染者が増えており、余談を許さない状況です。

皆さん心配ですよね。

 

現在の「にしかわ医院」の診療は、コロナ騒動の影響で来院される患者さんの数はかなり少なくなっていますが、特に変更無く通常に行っています。普段と違うところは、発熱のある患者さんは待合室ではなく別の場所に待機していただき順番を待ってもらっています。診療は仰々しくて申し訳ありませんが、私も看護師も防護キャップ、防護メガネ、マスク、防護ガウン(現在、入手できないため使い捨てのビニールのカッパを使用しています。)と言う格好で診療にあたらして頂いています。

今のところは、コロナウイルス感染を強く疑われる患者さんは来院されていません。

 

本当にもどかしいのは、当院ではPCR検査が出来ないため患者さんの不安をスッキリ拭えないと言うことです。血液検査、胸部レントゲン検査は出来ます。これは間接的に「細菌・ウイルス感染をしているかも」「肺炎をおこしているかも」くらいは判断できます。しかし新型コロナウイルスに感染しています!とは断言できる検査ではありません。また軽い肺炎は胸部レントゲンでは判別が難しい場合も多々あります。(CT検査がベストですが、クリニックレベルではどこも持ち合わせていないと思います。)

6〜8割の感染者が無症状と言うこともあるので、PCR検査をせずに診断するのは本当に難しい、いや診断が出来ないんです。医者として「分かりません」「診断できません」と言うことは恥ずかしいことなんですが、今はそれが現実です。

 

今のPCR検査の流れは、

      (欸鮟蠅墨⇒蹐垢襦糞国者・接触者相談センター)

      ∧欸鮟蠅凌ΠがPCR検査が必要か判断する

      PCR検査が出来る感染症指定病院に連絡する

      せ慊衂賊,暴亳いてPCR検査を行う

とう言うことです。

 

PCR検査が必要と判断されるためには、

      37.5度以上の発熱が4日以上続くこと

      呼吸困難、激しい咳が持続するなどの肺炎症状があること

      コロナウイルス陽性患者と濃厚接触の疑いのある方

これらの条件が満たされないと検査はしてもらえません。

怠い、軽く咳が出る、37度前後の微熱がある、程度では検査はやってもらえません。無症状の方もコロナ陽性になっていることを考えると、これで良いのかな〜!?とは思いますが、このような方々全員がPCR検査を行える大病院に大挙押し寄せたら、それこそコロナ感染の重症者、他の病気の重症者が救えなくなり医療崩壊が起こりかねません。

 

仕方ない、なんとかするしかありません。文句を言っても批判しても今すぐに変わるわけではないので、とりあえずこの状況でなんとかしなければなりません。

患者さん個々に色々な異なった症状そしてバッググランドがあるので、一律にこうしないさい、あーしなさいと言えないので、当院にかかりつけの患者さんはまず電話でご相談ください。かかりつけの方は普段の身体の状況も把握していますし、どういう薬を内服しているかも分かるので非常にアドバイスしやすいです。当院にかかったことがない方は、まずはご自身のかかりつけ医に相談することをお勧めします。どこの先生もご自分で診療している患者さんの状態はしっかり把握しているはずですし、なにか困ったことがあったら対処するのは当然のことですからね。きっと良いアドバイスをくれると思います。

万が一、自分のかかりつけ医から的確な回答が得られない場合は、どうぞご連絡ください。「当院は初めての方だから知りません」なんてことは致しませんので。満足していただける回答を差し上げられないかもしれませんが、分かる範囲でお答えさせて頂きます。

 

いずれにしても感染予防のために人との接触を避けて自宅待機をお願いします。「辛いし退屈だし面倒だし」、なんですけどコロナを収束させる最善の行動なので、みんなで協力し合って頑張りましょうね!



calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM