インフルエンザワクチンについて

気温が下がってきましたね。やっと過ごしやすくなってきてほっとしています(^^)

気温が下がってきて秋の気配を感じる様になってきたら、もうインフルエンザワクチン接種の時期です。

 

今年はコロナの影響もあり現場はものすごく混乱しています。現状をお話しします。

当院では例年通り10/1よりワクチン接種開始する予定でお知らせのポスターも作って用意していましたが、ここにきて訳が分からないことになっています。

 

国のほうから、

*持病のある方、高齢の方、妊娠されている方、小学校2年生以下のお子さんは10/1から接種開始。

*それ以外の方は10/26まで接種を待って。

神奈川県から

*60〜64歳の重篤な持病を持っている方、65歳以上の高齢者は無料接種します。

 

との発表がありました。

が! これは本当にいきなりの発表で現場には何の通達もないんです。いまだに書類1枚も来ません。医師会や区役所、ワクチンを供給するメーカーや卸も全く知らないんです。国や県の単なる思い付きなのか、現場の調整もせずにいきなり発表しました。

本当に困っています!!

無料となればおそらく大量に接種希望者が増えると思います。しかしワクチンの供給量が増えるわけではありません。公費負担を受けれる方は2300円で接種できましたが本当に無料で受けれるのか。10/26まで一般の方が接種を待ってワクチンは足りるのか。重篤な持病の方とあるが明確な線引きがされておらず、どの患者さんが重篤な持病をもっていると判断されるのか。にしかわ医院は予約制ではありませんが、予約制の医院はどのように対応を変更しなくてはいけないのか。

正直言って現場は大混乱です(怒)

せめて「こういう形式で今年は行きますよ」と現場に一言でいいので伝えてもらってから世間に発表してもらいたかったです。現場の医療従事者もYahooニュース等で初めて知るなんてどういうことなんでしょう!

 

皆さんには本当にご迷惑をおかけして申し訳ないと思いますが、ワクチン接種に関してはもう少しお待ちください。10月上旬から接種を開始することは間違いありませんが、詳細はまた改めて後日お知らせいたします。

 

涼しくなってきて過ごしやすい季節になってきますが、寒暖差も激しくなり体調も崩しやすくなると思います。いつものごとく手洗い、うがい、マスク。感染予防をしっかりやってくださいね!

 

 

 

 

 

 


終わってくれ〜、コロナ!

GWが開けて街の雰囲気がちょっと変わりましたね。

人手がかなり増えました。感染者数は東京も神奈川県もこの数日は1桁台。収束の兆しは確かにありますが、急激な人の増加は少し心配です。この時点で終了、この時点ではまだ継続という明確な判断基準がないので、今後も手探り状態の日々が続くと思われます。

「いい加減に終わってくれ!」って感じですよね。

流行のピークというのはどこかの時点で終わりますが、全くゼロになると言うことはありません。インフルエンザだって真夏に出ることは多々あります。今後はワクチン、治療薬に期待するしかないでしょう。

 

来月には緊急事態宣言は解除されるでしょうが、店舗も再開、学校も再開となると一気に元の町並みに戻ると思われます。6月からどれくらい気を引き締めることが出来るかが、今後の感染拡大抑制の鍵になるでしょう。

「勝って兜の緒を締める」

コロナに打ち勝った暁には、この精神で頑張りましょう!


現在の診療

毎日新型コロナウイルスの感染者が増えており、余談を許さない状況です。

皆さん心配ですよね。

 

現在の「にしかわ医院」の診療は、コロナ騒動の影響で来院される患者さんの数はかなり少なくなっていますが、特に変更無く通常に行っています。普段と違うところは、発熱のある患者さんは待合室ではなく別の場所に待機していただき順番を待ってもらっています。診療は仰々しくて申し訳ありませんが、私も看護師も防護キャップ、防護メガネ、マスク、防護ガウン(現在、入手できないため使い捨てのビニールのカッパを使用しています。)と言う格好で診療にあたらして頂いています。

今のところは、コロナウイルス感染を強く疑われる患者さんは来院されていません。

 

本当にもどかしいのは、当院ではPCR検査が出来ないため患者さんの不安をスッキリ拭えないと言うことです。血液検査、胸部レントゲン検査は出来ます。これは間接的に「細菌・ウイルス感染をしているかも」「肺炎をおこしているかも」くらいは判断できます。しかし新型コロナウイルスに感染しています!とは断言できる検査ではありません。また軽い肺炎は胸部レントゲンでは判別が難しい場合も多々あります。(CT検査がベストですが、クリニックレベルではどこも持ち合わせていないと思います。)

6〜8割の感染者が無症状と言うこともあるので、PCR検査をせずに診断するのは本当に難しい、いや診断が出来ないんです。医者として「分かりません」「診断できません」と言うことは恥ずかしいことなんですが、今はそれが現実です。

 

今のPCR検査の流れは、

      (欸鮟蠅墨⇒蹐垢襦糞国者・接触者相談センター)

      ∧欸鮟蠅凌ΠがPCR検査が必要か判断する

      PCR検査が出来る感染症指定病院に連絡する

      せ慊衂賊,暴亳いてPCR検査を行う

とう言うことです。

 

PCR検査が必要と判断されるためには、

      37.5度以上の発熱が4日以上続くこと

      呼吸困難、激しい咳が持続するなどの肺炎症状があること

      コロナウイルス陽性患者と濃厚接触の疑いのある方

これらの条件が満たされないと検査はしてもらえません。

怠い、軽く咳が出る、37度前後の微熱がある、程度では検査はやってもらえません。無症状の方もコロナ陽性になっていることを考えると、これで良いのかな〜!?とは思いますが、このような方々全員がPCR検査を行える大病院に大挙押し寄せたら、それこそコロナ感染の重症者、他の病気の重症者が救えなくなり医療崩壊が起こりかねません。

 

仕方ない、なんとかするしかありません。文句を言っても批判しても今すぐに変わるわけではないので、とりあえずこの状況でなんとかしなければなりません。

患者さん個々に色々な異なった症状そしてバッググランドがあるので、一律にこうしないさい、あーしなさいと言えないので、当院にかかりつけの患者さんはまず電話でご相談ください。かかりつけの方は普段の身体の状況も把握していますし、どういう薬を内服しているかも分かるので非常にアドバイスしやすいです。当院にかかったことがない方は、まずはご自身のかかりつけ医に相談することをお勧めします。どこの先生もご自分で診療している患者さんの状態はしっかり把握しているはずですし、なにか困ったことがあったら対処するのは当然のことですからね。きっと良いアドバイスをくれると思います。

万が一、自分のかかりつけ医から的確な回答が得られない場合は、どうぞご連絡ください。「当院は初めての方だから知りません」なんてことは致しませんので。満足していただける回答を差し上げられないかもしれませんが、分かる範囲でお答えさせて頂きます。

 

いずれにしても感染予防のために人との接触を避けて自宅待機をお願いします。「辛いし退屈だし面倒だし」、なんですけどコロナを収束させる最善の行動なので、みんなで協力し合って頑張りましょうね!


暖かい! インフルエンザは一段落。

新年に入ってから、3週間。今年は本当に暖かい日が続いていますね。

さすがに早朝は寒さを感じますが、日中はぽかぽか陽気です。

その影響もあってか、インフルエンザ患者さんがかなり減っています。特にお子さんが少ないです。皆さんの周りの保育園、幼稚園、小学校、中学校はインフルは流行っていますか。おそらく11月のような学級閉鎖になるような流行にはなっていないと思います。

もちろんインフルエンザの患者さんはいないわけではありませんよ。1日に7〜8人は必ず出ますが、年末のように1日2〜30人と言うことは現在はありません。

ただ油断しないでください。この後に必ずB型インフルエンザが流行ってきます。不思議なんですが、本当に毎年必ずこのパターンなんです。理由は全く分かりません。いつも行っているように体調管理はしっかり行ってくださいね。

 

2月にスキー、スノボーに行く予定を立てていましたが、この暖冬で雪はあるのかしら。寒ければ寒いにで文句を言うし、暖かければ暖かいで文句を言うし、人って(自分だけ!?)勝手ですよね(笑)

四季がはっきりしなくなってきたのは過ごしやすいのかもしれませんが、あまり良いことではないんでしょうね。

地球温暖化はまさに身近な問題になってきました。個々に出来ることは本当に微力でしょうが、大事に至る前にみんなで努力しましょう。

 

インフルエンザは一段落していますが、嘔吐、下痢、腹痛、発熱の感染性胃腸炎は猛威を振るっています。気をつけてくださ〜い!


明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます!

2020年が始りました。

 

 

年末年始は穏やかな日が続きましたね。皆さんはどのように過ごされましたか。

自分は近所をうろうろしていましたが、初詣へ行ったりちょっとした買い物に行ったり、結構のんびりしていました。

 

 

さて今日から診療が始まりますが、風邪やインフルエンザはどうなっているんでしょう。年末はインフルエンザが流行りまくっていました。収束していれば良いんですけどね〜。

 

とにかくしっかり休ませてもらったので頑張らないと!

今年もまた1年間、よろしくお願い致します。

 


令和元年の診療終了

2019年 令和元年の診療が終了しました。

最終日もインフルエンザ、感染性胃腸炎の患者さんが多数いらっしゃいました。冬休みで流行が下火になると良いのですが。

 

今年は元号も変わり、変化のあった年だったように思えます。皆さんはどんな1年でしたか?良い年だった方もいるだろうし、あまり良い年ではなかった方もいるでしょう。

自分がこの1年間を振り返ってみると、特に大事もなくまあ平穏な1年だったかなと思っています。ただ「あ〜歳を取ったなー」って感じることが多くなりました。以前と同じような生活をしていてもなんか疲れるし、またその疲れの回復が遅いような気がします。人間の老いはみんな平等に来るわけですが、人それぞれ過ごし方によって老いのスピードは違います。老いを感じる年齢になってしまいましたが、老いのスピードをなるべく遅くするよう努力しなければいけないと思っています。

 

老いのスピードを遅くするためにやっていること。

 1)週2回 ジム通い(筋トレ)

 2)休みの日、家でだらだらせず外に出る

 3)体重を維持する

 4)規則正しい食事

 5)多くの人と付き合う

 6)おしゃれや身だしなみを怠らない

 7)何でも興味を持って新しいことに挑戦する

 8)仕事をしっかりやる

 9)遊ぶ(笑)

こんな感じですかね!

 

歳を取るとどうしても、「まあいいか」「面倒くさい」ってことになりがちです。何をするにも一生懸命!、そして初心を忘れずに!それが老いのスピードを遅くするために必要なことなんでしょうね。

 

来年は2020年ときりの良い年。東京オリンピックもあり、なんか特別な1年になりそうです。健康に気をつけて良い1年にしたいと思います。

来年は1/6より診療を開始します。約1週間のお休みを頂いてしまいますが、しっかり充電をして皆さんの健康維持のお役に立てられるよう頑張っていきたいと思います。

1年間ありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします。

それでは皆さん、良いお年を!!

 

 


インフルエンザワクチンは11月中に!

良い天気が続いていますね!

朝夕はかなり冷え込んできましたが、日中は秋晴れで日向はぽかぽかです(^^)

こんないい季節ですが、1日の寒暖の差が激しい影響なのか風邪の方は相変わらず多いです。

 

今は圧倒的に喉風邪の方が多いです。空気が乾燥してきたのでやはり皆さん喉をやられています。嘔吐、下痢、腹痛の風邪もチラホラ見受けられます。年末年始はノロウイルスも流行してくるので要注意です。

 

10月中旬からインフルエンザワクチンの接種を開始していますが、体調が良ければ11月中に接種を終わられることをお勧めします。

ワクチンは接種後2〜3週間ほどで抗体が付きはじめ、1ヶ月後くらいからしっかり効力を発揮します。つまりワクチンを接種しても1ヶ月間は効かないと言うことです。毎年のことですが、インフルエンザが大流行してからワクチン接種をしに来られる方が多くいます。それでは間に合わないと思います。インフルエンザもまだ流行っていない、忙しい、面倒、接種したいけど痛いし・・・etc。色々な理由で接種を躊躇っている方はいるでしょう。もちろんワクチン接種は強制ではなく、あくまでも自己判断で行うものですが、罹患したときの辛さ、周りに迷惑をかけないという観点から見ればやはり接種はお勧めします。

ワクチンにはまだ余裕がありますが、年末は駆け込みの人が多くいらっしゃるのでどの医療機関もどんどんワクチンがなくなってきます。もう接種終了という医療機関も出てきているようです。まだ早いと思われている方もいらっしゃるでしょうが、もう接種時期ですよ!体調が良ければ早めにいらしてください。

 

今年はなんか忙しくて、紅葉狩りなど秋を楽しむ余裕がないんです。毎年どこか1日は時間を作って紅葉を見に行くんですけどね。幸いなことに今年は紅葉のピークが遅れているようです。葉が散る前に秋を感じにお出かけしたいと思っています!

 


インフルエンザワクチン接種開始日 10月7日(月曜日)

いきなり涼しくなりましたね。

9月の上旬までは患者さんの数はそんなに多くはなかったのですが、ここに来て一気に患者さんが増えてきました。夏の疲れも相まって体調を崩される方が多いようです。インフルエンザの患者さんもかなりいらっしゃってますよ。最近は天候と一緒でインフルエンザもあまり季節感がなくなってきました。真夏の酷暑の時期でもインフルエンザの方はいらっしゃいますからね〜。「今はその季節じゃないから」なんて、あまり決めつけない方が良いようです。

 

早いもので今シーズンもインフルエンザワクチン接種の時期が来ました。10月7日(月曜日)より接種開始予定です。

詳細はホームページのお知らせの項目に掲載してありますが、値段、接種回数など昨年と全く同じです。10月より消費税増税があるのでワクチン料金が値上がりする施設もあると思いますが、当院はお値段を据え置きにしました。

どこまで信用して良いか分からない情報ですが、今年は昨年と違いワクチンが不足することは無いでしょうとのことです。

ただ毎年そんな情報をもらっていて、いつもワクチン不足に悩ませれています。いずれにしても体調が良くてお時間に余裕あるのであれば早めに接種しにいらしてください。

 

秋は涼しくて過ごしやすいし、紅葉も綺麗で1年を通しても本当に良い季節なんですが、寒暖の差も激しく体調を崩しやすい季節でもあります。しっかり自己管理を行ってお風邪など引かないよう十分に気をつけてくださいね(^^)


夏後半、残暑!

お盆休みをもらって充電しました!患者さんには大変ご迷惑をおかけしましたが、これからはまたしっかり診療いたします。

 

本日(8/22)より診療を再開しましたが本当に風邪の方が多いこと!

やはりエアコンの影響が大きいみたいですね。咳、鼻汁、咽頭痛、腹痛、下痢、吐気 etc。ありとあらゆる風邪症状、オンパレードです。温度設定が低すぎると湿度も下がりすぎて室内が乾燥します。色々な体調不良の原因になりますので冷やしすぎはいけませんよ。夏休み、お盆休みって普段の生活とは違う不規則な生活になるので身体を崩し易いようです。また残暑も厳しいのでそろそろ本格的な夏バテになります。水分だけでなく食事もしっかり取ってください。

 

もう2〜3週間でシルバーウィークが待ってます。暑さは厳しいですが頑張りましょう!

 

 

 


あ〜梅雨入りか〜

梅雨入りしましたね。なかったらなかったで困る梅雨ですが、じめじめして気が滅入ってしまいますね。

例年とほぼ同じ時期の梅雨入りでしたが、今年はいつまで続くんでしょうね。

 

医院の方は一時は落ち着いたのですが、また風邪が流行ってきました。俗に言う夏風邪、アデノウイルス感染症、溶連菌感染症、手足口病、RSウイルス感染症。毎年必ず流行してしまいますね。

嘔吐、下痢、腹痛の風邪は下火ですが皆さん気をつけてください。

 

これから1ヶ月間は日差しの少ないじめじめ日が続くと思いますが、梅雨は梅雨の楽しみってありますよね。紫陽花なんか晴天の日より雨模様の中で眺める方が素敵だったりするし、家でじっくり読書をするのもありだと思います。梅雨はいやだな〜ではなく、前向き前向きに過ごさないとね!

 

とにかく寒暖の差は激しいし、また湿度が高いので熱中症にもなりやすい時期なので体調には十分気をつけてお過ごしください!


| 1/11PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM