熱中症、警報!

記録的な猛暑!

もう人ごとではありません。

連日にしかわ医院にも熱中症の方がたくさんいらっしゃいます。こんな状態はにしかわ医院を開業してから今まで、一度もありませんでした。お子さんやご高齢の方がなりやすい熱中症ですが、意外や意外、10代、20代、30代の若い世代もかなり熱中症になっています。

これだけマスコミでも取り上げられているので皆さんかなり注意をされているようですが、それでも熱中症になっています。

それと少し勘違いされている方もいます。

「熱中症に効く薬をください」「熱中症の予防薬をください」という方が多く見受けられます。残念ながら熱中症の特効薬はありません。点滴をして熱中症に伴う随伴症状に対する対症療法しかありません。水分、栄養、休息を十分に取って予防するしかないんです。もし熱中症ぽいなと思ったらまずは涼しいところに行って水分を摂って横になること。それでも回復せず気分がすぐれない場合は速やかに病院を受診してください。

 

熱中症は普段どんなに健康な人でもなってしまいます。気が遠くなりそうですがまだ7月、例年の感覚だとまだ夏本番を迎える前の時期です。長〜〜い夏になりそうですが、暑さ対策を怠らないようにしてください!


夏風邪が流行の兆し!

大阪で大地震が起こってしまいました。日本全国、色々なところで頻繁に起こっています。何か地球規模の災害が起こる前兆なんでしょうか。本当に心配です。被害に遭われた大阪の方、心よりお見舞い申し上げます。

 

梅雨に入りましたが、毎日じゃんじゃん雨が降るって言うことでもないみたいですね。それにしても天候の変化、寒暖の差が激しいです。その影響もあって相変わらず医院は風邪の方で混雑しています。一時期かなり医院が空いていた時期がありましたが、また混み始めてしまいました。嘔吐、下痢、腹痛の風邪もまだ残っていますが、いよいよ夏の風邪が! アデノウイルス(プール熱)、溶連菌感染症などがチラホラ出始めました。お子さん中心に流行し始めていますが、もちろん大人にもうつります。疲れたり寝不足になったり、自身の抵抗力が落ちると罹患しやすくなります。お忙しい毎日でしょうが、休息もしっかり取ってください。

 

まだ1ヶ月は梅雨は明けないでしょう。気分が滅入ることが多いかもしれませんが、楽しみを見つけて頑張って行きましょうね!


あ〜、梅雨入り

梅雨入りです。日本の生活には必要な梅雨ですが、ここから1ヶ月半ほどじめじめして嫌な気候が続きます。真夏の暑さではありませんが、かなり蒸すと思います。熱中症にも気をつけてください。

 

現在の診療所の状況は、比較的落ち着いている状態です。嘔吐、下痢、腹痛の感染性胃腸炎はかなり流行っていましたが、毎日の診療感覚だと収束方向だと思っています。咳、咽頭痛、鼻汁のいわゆる風邪はいつの時期にもあるんですが、冬のような流行にはなっていません。今後は蒸し暑さによる脱水症、熱中症に注意が必要です。真夏は比較的水分を摂る傾向にありますが、中途半端なこの時期は大したことないと油断しがちなので、しっかり水分補給をしましょうね。

 

さあ〜天気の良くないこれから約1ヶ月。休みの日は何をしようかな〜。インドアで過ごせない自分なので困ってしまいます。紫陽花なんか見に行くのも良いかもね(^^)


意外や意外、風邪が流行っています。「はしか」に関しては慌てずに!

GWが明けて1週間が経とうとしています。

季候も良くなり、過ごしやすい日々に突入していくだろうと思っていたら、いきなりの大雨や寒気。例年だとGW明けは風邪の方が減って医院は比較的落ち着くのですが、今年は毎日大混雑しています。1週間もお休みを頂いたのでその影響で混んでいるのであろうとも思ったのですが、風邪をひかれている方がめちゃくちゃ多いです。高熱、咽頭痛、咳、鼻汁。まだ嘔吐・下痢の胃腸系の風邪の方もかなりいます。気温の変動の激しさが原因なんでしょうか。

またGWが休みと言っても長期の旅行に行ったり、ついつい夜更かしして寝不足になったりで、普通の日と違う生活を送っている方がほとんどでしょう。いつも以上に疲れちゃうんだと思います。早く普段のリズムに戻して慣れないといけませんね。

 

それと気になる「はしか」の情報です。テレビでは連日「はしか」流行の報道がされています。これだけ「流行っているよ」「流行っているよ」と報道されてしまうとさすがに怖くなっちゃいますよね。でもあまり慌てないでください。流行していると言っても今年の冬に大流行したインフルエンザの流行り方とは訳が違います。5/10現在の罹患者数は126人との報告です。これは沖縄県を含めた日本全国での人数です。多いと感じる方もいると思いますが126人ですよ。日本の人口は1億2000万人です。罹患率は126分の1億2000万、なんと0.000001%です。実はびっくりするほどの少なさです。滅多に流行らない物が報告されているので、非常に少数なんですがこのような過熱報道になっているのだと思います。大したことがないので放っておけとか、注意しなくてもいいと言っているわけではありません。この手の情報は絶対に世間に知らせなければいけませんが、誇張しすぎる情報提供も誤解を招く原因になります。

全国で126人と言うことは48都道県で割っても一つの県に2〜3人です。そこかしこに「はしかの患者」が溢れていると言うことではありません。慌てずに冷静にご判断ください。

 

ワクチン接種をすることは問題りませんので是非接種してください。ただこのような状況なので極端にワクチンは不足しています。来院される前に必ずお電話でご確認の程お願いいたします。


来週は春到来!花粉症のピークも到来!?

まだ寒い日が続きますね。春はいつ来るの?

と思って天気予報を見ると来週からは晴天のマークだらけ。最高気温の予報も軒並み20度以上。いよいよ春の到来でしょう!

 

しかし嫌なものも到来。花粉症。先週より花粉症の患者さんは急増ですが、今年はひどいですね。おそらくピークは来週だと思いますが、今後は我慢の1〜2週間になるでしょう。

インフルエンザ、感染性胃腸炎は本当に少なくなりました。両疾患ともに毎日3〜4人は出ますが明らかに収束傾向です。花粉症は感染症ではないので人にうつして迷惑を掛けると言うことはありませんが、かなりつらいですよね。症状がひどいようなら早めに薬を取りに来てください。今まで花粉症の症状がなくても今年は症状が出始めてしまったと言う方がかなりいます。今まで花粉症のなかった方は、「自分は花粉症になった」となかなか認めなく無いんですよね(笑)

気持ちはよく分かりますが、意地を張って症状を悪化させることはないです。別に恥ずかしいわけではないので、疑わしいときには早めにご相談ください。

 

花粉は嫌ですが春は待ち遠しいです。桜も楽しみ!その前に大きな行事を控えている方も多いでしょう。卒園・卒業、入園・入学、転勤、転居、退職、入社、きっと人それぞれ変化の時ですよね。季節も生活も目まぐるしく状況の変わる時期なので、体調に気をつけて下さいね(^^)

 


インフルエンザ猛威!

新年、診療を開始して1週間が経過しました。

心配していたインフルエンザの状況ですが、大変なことになっていました。まさに猛威を振るっています。昨年末も流行の兆しが見えていましたが、インフルエンザ患者さんの数は年末の比ではありません。1日に30名前後のインフルエンザ患者さんが来院されます。

例年と違うのはA、B型が混在していると言うことです。症状はどちらも大きな違いはありません。高熱、関節痛、だるさ等。

ワクチン未接種の方がほとんどですが、ワクチンを接種している方もやはりかかってしまっています。しかし症状は非常に軽いため、一見インフルエンザではないのかな〜と思うこともあります。

体温が37.2度くらいでも、調べるとインフルエンザに罹患していたなんて事が多々あります。発熱し体調が悪いときには早めに病院を受診してください。

 

まだまだ風邪、インフルエンザは収束しそうにありません。気をつけましょう!

 


来たか!? 感染性胃腸炎!

いよいよ冬模様ですね。天気はそこそこ落ち着いていますが、乾燥し寒い日がでてきました。インフルエンザはまだ流行していませんが、体調を崩している方は多いです。

 

そんな中、今年も来たか!?感染性腸炎の流行か!?

先週あたりから嘔吐、下痢、腹痛、発熱の患者さんが一気に増えました。インフルエンザもそうですが、感染性胃腸炎も必ず年末年始になると流行ってきます。便の培養検査等は行なっていませんが、ノロウイルスの可能性は十分にあります。

わかりやすくい言えば胃腸系の風邪なんですが、幸いなことにそんなに長引く風邪ではありません。症状が出始めてから2〜3日もすれば大体改善してしまいます。その代わり症状はかなり激烈で、水分が摂れず尚且つ発熱や下痢の影響で脱水になります。万が一罹患してしまい、かなり症状がひどいときには点滴することをお勧めします。

いずれにしても予防が第一です。規則正しい生活、手洗い、うがいをしっかり行なってください。

 

早いもので今年もあと1ヶ月ちょっと。どんどん忙しくなって来ますよね。

体調管理をしっかりと!またインフルエンザが流行り出す前にワクチン接種を行なってください(^^)


インフルエンザ患者さんが1名

びっくりするような寒さ!10月中旬だというのに気温12度。

昨年もそうでしたが今年も秋がなかったですね。

 

そんな寒さの影響か、今週インフルエンザの患者さんが1名でました。最近は夏でもインフルエンザに罹患される方が時々いらっしゃいますので、びっくりすることではないのですが早いですよね。東京の一部、鶴見区や瀬谷区でインフルエンザが流行りつつあるという情報は耳にしていました。今回1名のインフルエンザ患者さんが出たからと言ってすぐに流行とは思いませんが油断禁物。やはり注意は必要です。例年だと流行のピークは年明けですが、今年の気候は例年通りではないですからね。

また今シーズンはワクチンの不足が報じられているので一時的にワクチン接種希望者が殺到するかもしれません。以前にもお伝えしましたが、当院では相当量のワクチンを確保しているので足りなくなることはないと思いますが、もし体調がよろしければ早めの接種をお勧めします。

 

またこれも毎年の事ですが、冬になると流行るノロウイルスを思わせるような胃腸系の風邪が流行ってきたような感じがします。年末に向かって忙しくなると思いますが、十分な睡眠、休養、食事。しっかりと手洗い、うがい。お気をつけくださいね!

 


一気に秋の気配。夏風邪はどうなる!?

びっくりするほど涼しくなりました。雨ばかりですっきりしない8月だったので、残暑が厳しいかと思ったらこの気温。朝夕は長袖がいるのではないかと思うくらい涼しいです。さすがに日中は蒸しますが、変な夏ですね。

 

学校、幼稚園は9月に入りほぼ始まったようですが、早速集団生活の洗礼を受けているようで風邪で受診される方が沢山です。小さいお子さんを中心に手足口病は相変わらず流行しています。ヘルパンギーナらしい喉風邪も多いです。いつまで続くの夏風邪は!?って感じですが、長期の休み明けは必ず体調をおかしくするので、無理はされないでください。

 

9月に入ったわけですが、早いもので来月にはインフルエンザワクチンの接種が始まります。今年もワクチンの供給は問題なく行なわれると聞いています。今後HPで情報をお伝えしていきますね。


夏休み、終了。またまた感染性胃腸炎の流行の兆し。

8月最後の週になりました。早くも学校が始まっているところもあるようですね。

夏休みも終了。今年はへんてこな夏でした。本当に太陽が出ませんでした。涼しかった!?訳でもなく過ごしにくかったような気がします。自分的には不完全燃焼の夏でしたが皆さんは如何でしたか。

最高気温はまだまだ高いようですが、朝夕はすでに秋の気配。過ごし易い日が来るとは思いますが、もう少しじりじりした太陽を見たかったです。

 

この夏は気候が変なせいもあったのか、夏風邪が多かった印象です。今も手足口病、ヘルパンギーナ、アデノウイルス、溶連菌等の風邪をひかれて来院される患者さんは後を絶ちません。間もなく幼稚園・小学校は始業式を迎えて集団生活が始まるので、流行が拡大してこないか非常に心配をしています。

新しい情報としては、先週からまたまた嘔吐、下痢、腹痛の胃腸系の風邪が流行ってきてしまいました。世間ではポテトサラダの1件があるので嘔吐、下痢には皆さん敏感のようです。1日に10人前後、全く違うエリアの方が症状を訴えて来院されるので、どうやら食中毒のようなものではなさそうです。1年のうちに何回か流行する感染性胃腸炎と思われるので、手洗い・うがいをしっかりやってください。

 

夏は終わってしまいそうですが、食欲の秋、スポーツの秋、読書の秋、清々しく気持ち良い季節が間もなく来ます。紅葉も徐々に始まるでしょうし、楽しみはこれからもまだまだ続きます。日本の四季って本当に素晴らしいですよね。仕事もプライベートも全力投球!有意義な毎日を過ごしましょう(^^)

 


| 1/14PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM