不要不急の外出は控えましょう。

コロナウイルスはかなり拡がってしまいましたね。

大半の感染者が症状もないくらい軽症なのですが、呼吸機をつけるほど重症の方も出てきています。

本当にこのウイルスが怖いのか、それとも大したことないのか、新しいウイルスなので現場も混乱しています。

「自分はコロナに感染しているでしょうか」という患者さんは非常に多く来院されています。お恥ずかしい話、我々一般開業医にはその判定をすることが出来ません。検査の手段がありません。

おそらく将来的にインフルエンザのような簡易診断キットが出来ると思いますが、1〜2年先のになるんじゃないかと思います。

今言えることは不要不急の外出を控えること。風邪症状が出たら、軽い場合は家にいること。狭い空間に大勢の人が集まるような場所には行かないこと。本当にそれくらいしかないようですね。

 

我々医療関係者は最も感染のリスクは高いかもしれませんが、当院でもしっかり感染対策はしています。どんなに外出するな、受診を控えろと言われても、病院にいかなければならい方はたくさんいらっしゃると思います。患者さんに十分配慮した上で、速やかに診療をするように心がけますね!

 

年度末は入試、卒業式、卒園式、入学式、入園式、就職式等、人が集まる行事はたくさんあります。

お互い気をつけて過ごしましょうね。

 

 


新型コロナウイルス

春めいてきて、これから良い季節に突入するぞ!と言うこの時期に、まさかの状況が続いています。

新型コロナウイルスはやっかいなことになっていますね。

感染者がこれだけ出ると言うことはかなり強い感染力だと思います。


とにかく未知のウイルスなので不気味であり、どうして良いか分からないのが現状です。しかし徐々にこの感染症の正体が分かってきているようです。非常に感染力は強いですが、その症状は軽いことが多く、インフルエンザウイルスの方が症状が激烈のようです。インフルエンザなど一部のウイルス疾患には治療薬はありますが、ほとんどのウイルス疾患には特効薬がありません。対症療法のみです。

体力のある若い方はほとんど軽症ですんでいるので、それもまた要注意。感染しているのに気づかずに色々なところに出かけてしまうこともあるんじゃないかと思います。まずは感染拡大を防ぐために、/雄みは避けること、体調不良を感じたら無理をせず自宅でゆっくりすること。それしかないでしょう。

もしこの時期にコロナウイルスの感染が判明したら、熱もあまりない、症状もほとんどないと言う状態でも2週間は隔離されてしまいます。お仕事のある人にとってはそれは大変なことです。ダイヤモンド・プリンセスにお乗りの方は本当に不運でかわいそうですが、我々はまだ予防できるので油断しないようにしましょうね。

 

ここに来てインフルエンザB型が流行してきました。併せて注意のほどお願いします。

 


感染性胃腸炎、大流行!

最近少し寒くなって来ました。今年は過去に例が無いほどの暖冬。確かに暖冬と言われればそんな気もしますが、やはり朝夕は寒いです。昨年まではもっと寒かったのかな〜。

 

インフルエンザはやや下火傾向になっていますが、嘔吐、下痢、腹痛、発熱の感染性胃腸炎が大流行です。年始から「かなり患者さんはいるな〜」と思っていましたが、今は感染性胃腸炎の方は毎日30人以上来院されます。本当に蔓延しています。

この感染性胃腸炎は特徴があります。まるで台風のような風邪なんです。急に来て、激烈な症状を伴い、そしてすぐに去ってしまいます。普通の風邪は比較的だらだらと症状を残しますが、ほとんどの方は2〜3日でケロッとしてしまいます。

それでも1〜2日はめちゃくちゃ辛い思いをするので、皆さんしっかり手洗い、うがいをやってくださいね。

 

それと世間で騒がれている新型コロナウイルス肺炎ですが、本当に心配ですよね。ただ慌てないでください。全世界的に流行対策をしていますし、今のところ日本では4名の罹患者です。既に4名とも言えますが、たった4名とも言えます。日本には1億2000万人の人がいますので、確率で言うと0.000003%です。もちろん蔓延するときは早いですが、まだパニックになる状況ではありません。

人混み(特に観光地)を避けて、やっぱり手洗い、うがいをしっかりやることが重要です。

インフルエンザもそうですが、こういう感染症は抵抗力、体力が落ちると罹患します。だからご年配の方や乳幼児は罹患しやすいんです。とにかく寝不足、疲労には要注意!皆さんお忙しいと思いますが、しっかり食事を取って休んで、体力が低下しないように気をつけてください。

 

暖冬の影響か花粉症の方もチラホラ見受けられるようになりましたので、花粉症をお持ちの方は早めに薬をもらいに来てくださいね。

 

 

 


インフルエンザワクチン、接種しましたか!

昨日はインフルエンザ患者さんが今シーズン1番多かったです。その数、なんと31名。1日の数です。本当に凄いことになっています。今シーズンは異例なほど流行が早かったので「これからワクチンを接種しようと思っていたのに」という方がとても多いです。

また1月、2月の受験シーズンに効果のピークを持って行きたいという方もおり、ついつい接種が遅れがちになっているようです。

 

最近、こんな質問が多くなっています。

「まだワクチンを接種していないが、インフルエンザになってしまった。この後ワクチンを接種した方が良いのか」

「子供がインフルエンザになってしまったが、まだ1回しかワクチンを接種していない。2回目は接種した方が良いのか」

確かに迷いますよね。

 

インフルエンザの型は大きく分けて3つ。季節型と言われるA型、B型。数年前から出現している新型インフルエンザと言われているものです。現在流行しているものはA型です。最も症状が強いと言われていますが、皆さん本当に辛そうです。不思議なことに毎年A型の後にB型インフルエンザが流行ります。そしてわかりにくいのは新型インフルエンザ。簡易検査キットの判定はAまたはBとしか出ません。それでは新型の判定はどうやっているの?ということになりますよね。実は新型インフルエンザは簡易キットではAと表示されます。だから1シーズンでA判定が2回出ることがあるんです。そのAの判定が季節型のインフルなのか新型のインフルなのかは簡易キットでは分からないんです。最近そこを区別できるキットも出てきているようですが一般には拡まっていません。なんで拡まっていないのかと言いますとA、B、新型、どのインフルエンザでも結局は薬が同じなんです。そして検査が高くなってしまうのでどの医療機関もあまり入れていないんです。

 

話を戻します。インフルエンザにかかってしまったがその後ワクチンを接種すべき?ということですが、接種して良いと思います。ワクチンは先に挙げた3つの種類のインフルエンザ全てに効果があります。A型に罹患してしまってもB型、新型の予防になります。インフルエンザは普通の風邪と違って、罹患してしまうと1日で解熱しても5日間は休まなくてはなりません。忙しい方々にとっては本当にやっかいな病気ですよね。「インフルエンザになったのに、今からワクチンを打つのも何だかな〜」と思われるでしょうが、インフルエンザの季節はまだ入口に入ったばかりです。是非接種する事をお勧めします。

 

それと横浜市在住の65歳以上の方はワクチン料金の公費負担がありますが12月までで終了です。1月になってしまいますと公費の補助が受けられないので、ご希望の方は今年中に接種してください。

 

今年の年末はインフルエンザに悩まされそうですね。気をつけて過ごしましょう!


インフルエンザ本格化!

今年も余す所1ヶ月ちょっと。寒さも一段と厳しくなって来ました。

今年は早い早いと言われていたインフルエンザの流行。いよいよ本格化してきました。10月初旬からパラパラとインフルエンザ患者さんは出ていましたが、本当にパラパラでした。

今週、にしかわ医院に来られたインフルエンザ患者さんの数を発表します。

 

月曜日:18名

火曜日:11名

水曜日:休診日

木曜日:13名

 

一気に増えました。全てA型インフルエンザです。

これから年末年始に向かって皆さん忙しくなる時期だと思いますが、いやー憂鬱ですね。

手洗い、うがいは感染予防の1つであることは間違いありませんが、やはり有効な予防対策はワクチン接種です。どうせ流行るのは新年だからと言ってまだ接種されてない方はたくさんいらっしゃると思います。何度も言っていますがワクチンは効力が発揮されるまで時間がかかりすので、とにかく早めにワクチン接種をしてください。

 

年末年始の休診に関しては改めてお知らせの項目に記述しますが、年末は12/29土曜日まで診療し、年始は1/6月曜日から診療を開始する予定です。定期的に内服薬を服用している方は薬が途中で切れないようにご注意くださいね。

 

 

 

 


インフルエンザで学級閉鎖 !

10月に入りました。朝夕はかなり涼しくなってきたましたが、残暑はまだまだ厳しいですね。

いまだに夏の終わりって感じですが、インフルエンザが猛威を振るっています。先週末よりやけにインフルエンザの方が多いな〜と思っていましたが、三ツ沢小学校でとうとう学級閉鎖です。「こんな時期に!?」と思いますよね。私も思います。

毎年この時期でもチラホラとインフルエンザ患者さんは出ていましたが、学級閉鎖になるまで蔓延したのは聞いたことがありません。異常気象の影響ですかね。

ただ一部の地域限定という気もします。全国に広まる本格的な流行ではないとは思いますが、それでも皆さん十分にお気をつけください。

 

インフルエンザワクチンは来週、10/7より開始いたします。にしかわ医院は予約制をとっていません。体調が悪くないときにいつでも良いのでいらしてください。詳細はHPのお知らせの項目に記載されています。どうぞご参考にしてください!


お盆明け、1週間が経過しました。

お盆休みを頂き、お盆明けの診療開始から1週間が経過しました。夏は比較的診療所が落ち着いていることが多いのですが、非常に混んでいます。何が流行っているのかな〜と色々検査もしていますが、特に何がっていうものがありません。溶連菌、アデノウイルス、RSウイルス、マイコプラズマ、インフルエンザ等、色々検査をしますがほとんど陰性反応です。

クーラーを強くしすぎ、暑さによる体調不良、お盆休み中の疲れ、そんなことが原因かもしれません。

 

こういう状況の中、またまた嘔吐、下痢、腹痛、発熱の感染性胃腸炎が出始めました。これも詳しく調べているわけではないので、もしかしたら冷たいものを食べすぎた事による症状かもしれませんが、とにかく消化器症状を訴えて来院される方が非常に多くなりました。通常冬に多い症状なんですけどね〜。(ノロウイルス等)

体調が悪いと罹患しやすいので、今後も暑さ対策をして夏バテしないようにしていきましょう。

 

今日から公立の小中学校、幼稚園等が始まるようです。集団生活が始まるとまた風邪が蔓延してしまうかもしれませんね。

残暑厳しいですが夏を楽しめなかった方はまだ間に合いそうです(^^)

暑さが辛〜いじゃなくて、もぅ少し夏を楽しみましょうかね♪


猛暑! 皆さん大丈夫ですか!?

猛暑が続いています。

そろそろ暑さに身体が慣れてくる頃だと思うのですが、熱中症の方が後を絶ちません。昨日も最高気温は35度近く。熱中症の方が14〜5名来院されました。そのうち8名ほどは点滴をしないと危ないほどの重症でした。

水分を摂らなきゃ、涼しいところで休まなきゃと分かっていても脱水傾向になってしまう訳ですから、この暑さは本当に注意しなければなりません。

特にお子さん、高齢者は要注意です。子供はもともと「熱中症」なんて概念が頭の中にありません。楽しかったらどんな暑さだろうがぶっ倒れるまで遊んでしまいます。お子さんの場合いきなり熱中症症状を訴えてきますので非常に危険なんです。大人が積極的に水分を促さないと本当に水分を摂ることを忘れてしまいますので、元気そうでも水分をしっかり摂らせるよう心がけてください。

 

ご高齢者もご存じのごとく要注意です。本当に自覚がないんですよね。暑さを全く感じなくなるようです。昨日の8名の点滴患者さんのうち5名は高齢者でした。全員が「暑さを多少感じるが酷い暑さとは思わない」「クーラーは嫌い」「水分はそこそこ摂っているし喉も渇かない」と言われました。家族がぐったりしているところを見つけたり、高熱が出て来院されています。

血液検査をすると、まさに全員脱水状態でした。

高齢者に対しても小さいお子さんと同様で周りが注意しなければならないと思います。高齢者が身近にいらっしゃる方はしっかり水分を摂らせて涼しい環境を作ってあげてください。

 

まだ1ヶ月以上はこの暑さが続くと思います。夏は上手く付き合えばとっても楽しい季節です。熱中症等、十分気をつけながら楽しい夏にしましょうね!

 

 

 


梅雨は明けず、夏風邪だけ大流行!

今年は本格的な梅雨ですね。日照時間の短さはこの数年で一番短かそうです。酷暑というのも嫌ですがそろそろお日様を見たくなってきました。

 

夏はまだ来ませんが、夏風邪が大流行です。手足口病、溶連菌、アデノウイルス(プール熱)、ヘルパンギーナetc.

お子さん中心に流行る風邪ですが大人もたくさん罹患しています。以前のブログにも書きましたが、医院の患者さんの数は冬の風邪シーズン並みです。十分注意しなくては!

それでは「どうしたら予防できるか」、ですよね。もう耳にタコができると思いますが同じです。手洗い・うがい、規則正しい生活(食事・休養・睡眠)。インフルエンザも感染性胃腸炎も夏風邪もすべて感染症。感染しないためにはこれしかないんです。ただこの時期はクーラーも気をつけてください。蒸し暑いので熱中症予防のためにクーラーはかけてください。でも皆さんご存じのように効き過ぎ、冷やしすぎの部屋で長時間いると本当に体力が低下します。クーラーで冷えた部屋で布団にくるまって過ごすのもなんとなく気持ちいいんですが、そんなことしないでくださいね(笑)

 

梅雨はいつ明けるんでしょう。場合によっては梅雨明け前に夏休みに突入してしまうかもしれませんね。楽しい夏を迎えるためにも、この時期にしっかり体調を整えていてください!!


梅雨、ジメジメ、夏風邪 (涙)

本格的な梅雨。天気予報ではここから1週間は晴れマークがなくすべて雨マーク。嫌になっちゃいますね。

ジメジメして蒸し暑いし、なんとなく一日中薄暗いし、気が滅入ってしまいます。

 

また暑〜い夏は迎えていませんが、夏風邪が流行ってきました。感染性胃腸炎はようやく治まってきましたが、手足口病、アデノウイルス、RSウイルス、溶連菌感染症、夏風邪のオンパレードになって来ました。

今週木曜日は患者さんの数が冬並みで医院はごった返しになってしまい、来院された方には大変ご迷惑をおかけしてしまいました。

こういう状況になるとなかなか流行を食い止めることは難しく、治療する我々も非常に難渋しています。

とにかく風邪っぽいときは無理せず休まれることが重要です。

お忙しくて休める状況にないかもしれませんが、大人もお子さんも体調が少しでも悪いときは休養されるようお願いいたします!


| 1/16PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM