スノーボード

今年は暖冬、1月は3月並みの暖かさだったそうです。

昨年より参加を表明していた医師会のスキー旅行へ行ってきました。

場所はいつも越後湯沢の岩原スキー場です。宿泊するスキーロッジもいつも一緒。ロッジのマスターも顔なじみです。

とにかく心配だったのは雪不足。前情報だと積雪は40cm。下のゲレンデは滑走不可。十数年連続で行っていますがこんなことは初めてです。行くだけ行ってスキー・スノボーもやらずに帰ってくる羽目になるのかな〜。そんな心配をしながら新幹線で越後湯沢に到着しました。

「そこそこ雪はあるじゃん!」

確かに雪は少なく道路に積雪はありませんでしたが、周りの民家の屋根、空き地、畑などはしっかり

雪は積もっていました。

スキー場に到着。大丈夫!滑れそう!

夕方に着いたので早速ナイター券を購入し今シーズンの初滑りをしました。

 

 

さすがに雪質は良い状態ではありませんでしたが、久しぶりのスノボー(今回はスキーではなくスノボーにしました)を楽しみました。ナイターはガラガラ。人がほとんどいませんでした。暖冬の雪不足に加え新型コロナウイルスの影響もあり、スキー客も少ないんだろうな〜と思いながらナイタースノボーを満喫しました。

 

次の日の朝、今日もたっぷり滑るぞ〜と意気込んでゲレンデへ!

えっ!マジ!

人、人、人、人!!

大混雑!!

例年とは違う、こんな感じの異常な状況下でも大勢のスキー・スノボー客がいるんだ〜。正直ビックリしました。

 

 

まあ自分もこんな状況下で来ているわけだから、以前より楽しみに予定していた人たちは来ますよね。

日曜日は非常に混んでいたので昼過ぎには引きあげてしまいました。

世界は大騒ぎをしているんですが、この場所は歓声と笑い声で幸せに満ちあふれていました♪

 

今シーズンはもう2〜3回は行きたいと思っています(^^)

 


頑張れ、受験生!

今日、電車で通勤すると親御さんに連れられて、大きい塾の鞄を背負ったお子さんが駅にたくさんいました。

そうか〜、受験だ!

2月は中学校受験のピークです。たくさん遊びたい時期に勉強を頑張って、そして本番を迎えるわけですよね。どんな気持ちでこの日を迎えているんでしょう。近くは自分の子供が、遠くは自分自身もこの状況を経験したわけですが、自分自身の受験はあまりにも昔なので、どんな気持ちで受験会場に向かったかはっきり覚えていません。子供の受験の時はまだ鮮明に覚えています。おそらく自分が受験したときより、緊張感、どきどき感はあったような気がします。

高校受験や大学受験は本人によるところが多いですが、小学校受験は親も子供と一緒に戦っています。ただ端から見ていて、親の受験に対する熱があまりにも高く、子供に過度なプレッシャーをかけているんじゃないかと感じることがよくあります。お子さんに期待する気持ちは分かりますが、あまり良い影響を与えないんじゃないでしょうか。静かにそして優しく送り出してあげてくださいね。

今年は暖冬の影響もあるのか、今現在はインフルエンザは下火になっています。体調管理は十分やったと思います。今までの努力の成果を思う存分発揮して欲しいです!

これまでの努力は、今後の人生において大きな経験と財産になることは間違いありません。

試験というものは実力もさることながらその時の運もあります。結果を恐れず悔いの無いよう頑張ってください!

 

インフルエンザはやや下火ですが感染性胃腸炎はまだまだ収束していません。新型コロナウイルスも連日マスコミが騒ぎ立てており、皆さん非常にご心配されていると思います。まだパニックになるほど緊迫する状態ではありませんが、徐々に患者が増えていることは間違いありません。。人混みを避けること、手洗いうがいをしっかりやること。しっかり自己防衛をしてくださいね。

 


二つの初飛び!

令和2年、診療を開始して1週間が経過しました。

1〜2週間、学校などの集団生活がお休みだったので、風邪はある程度収束しているかなと思ったのですが駄目でした。

風邪の方が非常に多いです。印象ではインフルエンザより感染性胃腸炎の方のほうが多い気がします。正月明けは生活も乱れて気が緩んでいると思うので、なるべく早くいつものリズムを取り戻してくださいね。

 

私は風邪もひかずに体調は絶好調!今年もいろいろとチャレンジをして行こうと思っています。

この連休、いつもやっているウルトラライトプレーン、モーターパラグライダー、二つの初飛びをしてきました(^^)

 

 

 

12日は利根川の河川敷でウルトラライトプレーン。恒例の安全飛行祈願祭を行った後、いざ大空へ!

曇りで時折ぽつぽつ小雨が降るあいにくの天気でしたが、久しぶりに上空500mの3次元の世界を満喫してきました。

 

13日は12日とは打って変わって雲一つない晴天!

平塚の海岸でモーターパラグライダーの初飛びをしてきました。

風も穏やかでポカポカ陽気。富士山がきれいに見えてこの日も最高のフライトでした。

 

 

 

この二つの趣味は以前からのもの。2020年は新しいものにチャレンジしたいと思っています!

 

今年は暖冬でスキー場に雪もないようですね。2月はスノーボードをと思っていましたが行けるのかな~。

忙しい毎日だからこそ、休日の気分転換は重要です。

心身ともに常にリフレッシュした状態で今後も仕事を頑張りたいと思っています。

皆さんも健康には十分気をつけて、2020年も充実した生活をおくりましょうね(^^)


イルミネーションが凄い!

12月も半ばにさしかかりました。日々の生活は年末に向けて忙しくなる一方ですが、街はクリスマスに向けて華やかさがどんどん増しています。最近は日々の生活に疲れてしまいあまり診療療後に出かけることは無いのですが、旧友との忘年会もあり久しぶりに夜の街に出かけました。

 

元々は東京出身で小、中、高、大学とすべて東京の学校を出ているため、学生時代の友人との忘年会はいつも東京でやります。六本木ヒルズ、ミッドタウンに行きましたがイルミネーションが凄いことになっていました!

 

 

 

 

イルミネーションだけでなく、街の至る所がX'masの装飾であふれかえっていて、昼間の灰色のビル群が嘘のようです。東京タワーも巨大なX'masツリーに変身しています。横浜のイルミネーションもめちゃくちゃ綺麗ですが、東京のイルミネーションはまたひと味違った雰囲気があり本当に素敵でした。

残念なことは写真でその素晴らしさをお伝えできないこと。イルミネーションは実際に肉眼で見た方が絶対いいですね。

忙しくてイライラしがちの日常を忘れて、心を和らげてくれる幻想的な世界に入ることが出来るので、少々寒いですが都会のイルミネーションを見に行くといいですよ!

 

現実に戻りまーす。忙しくて疲れ切ってまーす!インフルエンザが猛威を振るってまーす!

年末年始の休みまでもうちょっとです。体調に気をつけて残り数週間、なんとか乗り切りましょうね(^^)


栗、お疲れ!!

真冬になってきました。インフルエンザの患者さんも急増!

実は私もやや風邪っぽく若干体調を崩しています。患者さんに移してはいけないので、しっかりインフルエンザの検査や採血を行いましたが、インフルエンザは陰性、採血データも酷いものではありませんでした。風邪薬も内服し改善傾向ですが、「自分も若くないし無理は出来ないな〜」ってつくづく感じます。

 

今年も残りわずか。忙しさもどんどん増しています。それでもプライベートの時間はしっかり取って、なるべく無駄な生活は送りたくありません。

私が長年お付き合いしている大物アスリートが引退しました。横浜の誇り、元日本代表のミスターマリノス、栗原勇蔵選手です。

マリノス一筋18年間、本当に横浜に大貢献したトップアスリートです。現役の時には迷惑がかかるのでこのブログに名前は出していませんが、時々あげている試合の写真にはちっちゃく栗が写っています(笑)。(みんなは勇蔵って呼んでいるんですが、自分は昔っから栗って呼んでいます)

 

 

松田、中澤、栗原の青い壁は最強のデフェンスでしたよね。今シーズンはチョー攻撃型サッカーを目指したマリノスが見事優勝しました。まだまだ実力のある栗ですが、今回の監督のチーム構想からは少し外れていたようです。

36歳になったとはいえ、まだまだ衰えもなく実力は十分あります。「引退は早いんじゃないの」と誰もが思っているであろうけど、栗のマリノス愛は半端じゃないんです。ここ数年マリノスより全然条件の良いオファーが結構あったと聞いています。最盛期の頃は海外チームからのオファーもありました。それでも栗は「マリノスを去るときは引退の時」とマリノス愛を貫きました。本当に凄い男です。

 

誕生日プレゼントにユニフォーム(マリノス全選手のサイン入り)を医院まで届けてくれた写真です。おっかない顔をしていますが(笑)、普段は家族思いで子煩悩な本当に穏やかなパパです。試合でのあの迫力のある闘争心むき出しの姿は、日常生活では全く見えません。俺俺系ではなく仲間、先輩、後輩を思いやるちょっと昔気質な男。それが栗原勇蔵です。マリノスの多くの選手が「にしかわ医院」に来てくれていますが(今はマリノス所属でなく移籍した選手もいますが)すべて栗の繋がりです。

 

引退後もまだまだサッカーに携わって行くらしいですが(やっぱりマリノスで(笑))、とにかくお疲れ様でした。

まだまだ若いので第二の人生も楽しく有意義なものになることを祈っています。

 

さて今年も余すところ3週間。やり残したことはありませんか。今年の残りの日々は、仕事では決算、締め、移動や転居、プライベートでは年賀状書き、忘年会、クリスマスパーティー、大掃除etc。やることはてんこ盛りですよね。

ハードスケジュールになりすぎると体調を崩して風邪も引きやすくなるので、無理をしない十分に気をつけて過ごしましょうね(^^)

 


紅葉ナイトクルージング

急激に寒くなってきましたね。インフルエンザの患者さんも徐々に増えているような気がします。

これからがまさにインフルエンザ本番なので皆さん気をつけてください。

 

今年は何だが忙しくて、紅葉を見に山岳方面に行けていません(悲)

そういう状況の中、「夜なら行けるんじゃない!?」と知り合いの友人から変わったお誘いがありました。

紅葉ナイトクルージング!

東京の目黒川をボートでクルージングして、川沿いの紅葉を見物しようという企画です。そんなことをやっているところがあるなんて全く知りませんでした。それに夜に紅葉なんて見られるの?と半信半疑の気持ちでしたが、興味津々参加することにしました。品川の天王洲に出向くと屋根も壁もない台船のような船が桟橋に止まっていました。30名くらいは乗れるんじゃないでしょうか。座席は付いていますが仕切りもないので吹っさらしで乗る船です。これは寒くて凍えちゃうなーと思っていたら、乗船すると分厚いグランドコートを貸してくれました。

さ〜初めての夜のリバークルーズに出発です!

凄い!!、めちゃ綺麗!!

 

 

 

木々は紅葉しているんでしょうが、その赤さや黄色さは肉眼では暗くて見えませんでした。ところが目黒川の川沿い、何キロにも渡って素晴らしいイルミネーションが!! 川面にもその光が反射し、都会のビルの夜景と相まってそれはそれは幻想的な世界を醸し出していました。乗船前の寒さなんかどこかに吹っ飛んでしまい、霧中で写真を撮っちゃいました(^^)

 

わずか40分程度でしたが、初めて経験する夜の紅葉(?)見学でした!

クルージング終了後、同じ船に乗船した人たちと軽いお食事をしました。ほとんど初めてお会いする方でしたが、色々なお話をして盛り上がってしまい、クルージングと同様楽しい時間を過ごすことが出来ました。

狭い診療室で朝から晩まで缶詰になっている毎日なので、このような体験は本当にリフレッシュできます。寒かったけど本当に参加して良かったと思います♪♪

 

いよいよ年末が近づいてきましたね〜。2019年もあとわずかです。これからはもっともっと忙しくなるでしょうが、こういう気分転換を織り交ぜながら一生懸命診療をして今年もなんとか乗り切れたらなって思っています。この1年を良い1年だったと思える年末にしたいので、残り1ヶ月ちょっと、頑張らなくっちゃね!


浜松に行ってきました。

11月初旬の連休。所用があり浜松に行ってきました。秋晴れの気持ちいい連休でしたよね。

用事は短時間で終わるものだったので、比較的自由な時間が多かったです。

久しぶりに航空自衛隊浜松基地にあるエアーパークへ行ってきました。

 

 

8年前、東日本大震災の年に1度訪れています。飛行機好きとしては、わくわくして堪らない場所です。すべて現役を引退した実機です。航空ショーで見る飛行機は柵があって機体には触れることは出来ません。1機1機食い入るように見て触って、コクピットに乗れる機体にはコクピットに座って、恥ずかしながら小学生のようにはしゃいでしまいました。

一つだけ残念なことがありました。8年前に展示していた機体と変わっていなかったことです。8年経過しているのでちょっとはリニューアルして欲しかったな〜と思います。それでも十分楽しめましたけど(^^)

 

宿泊したホテルの近くの公園でイルミネーションが煌びやかに点灯していました!

イルミネーションが始まると言うことは「年末なんだな〜」ですよね。

毎年の事ですが、年末になるとなんだか慌ただしく忙しくなります。正月休みまでは気の抜けない日が続きそうです。

寒さも一段と厳しくなってきますので、お互い気をつけましょうね!

 

 


東京モーターショー、やっていたんですね(^^)

冷え込んできましたが、秋晴れが続いて気持ちいいですね!

発熱、咳、鼻汁、咽頭痛を訴える風邪の方は相変わらず多くて院内は混んでいます。嘔吐、下痢、腹痛の風邪もまだまだ出ています。ただ一時流行したインフルエンザは下火傾向です。週に4〜5名はインフルエンザの方はいらっしゃいますが、さほど多くはないです。一時的な一部地域の流行だったと思います。今シーズンも本格的な流行は年末からでしょう。インフルエンザワクチンを11月中には接種してくださいね。

 

水曜日の休診日に人間ドックに行ってきました。医者の不養生という言葉があるように、周りの医者仲間を見ても自分の健康には無頓着の方が多いです。私も若くないので2年に1回はしっかりした人間ドックを受けることにしています。

とりあえず検査が終わって担当医から簡単な検査結果を聞きましたが,特に異常がないとの報告がありホッとしました(^^)

 

検診の場所がお台場付近だったのですが、東京モーターショーが開催されていました。車には興味はがあるんですがお台場でモーターショーが催されていることは全く知りませんでした。会場内には入りませんでしたが、会場前の広場にはスーパーカーがずらりと並んでいて圧巻でしたよ!

 

 

 

 

写真以外にもまだ10数台のスーパーカーが並んでいました。総額いくらするんだろ〜!!

かっこいい!乗りたい!と思いますが、現実的には100%手の届かない、まあ車好きの夢の車です。所有している方は大富豪の方たちだと思いますが、所有したら所有したで維持するのがきっと大変なんでしょう。温度、湿度が完璧なガレージが必要ですし、いざ乗るにしたって縁石で車体の底を擦らないかな〜、出かけた先に駐車するところがあるかな〜、傷が付かないかな〜、いたずらされないかな〜etc.  心配することだらけのような気がします。

夢の車は夢の中で、外からそっと眺めているのが一番楽しいかもしれませんね(^^)

 

11月に入ります。ということは年末はもうすぐ。早いですね!しかし秋の良い季節はもう少し続くでしょうから、体調を万全にしてこの素晴らしい季節を楽しく過ごしましょう!


ワールドカップ ラグビー

秋めいてきました。三ツ沢界隈はインフルエンザの流行でやや物騒ですが、季節は本当に良い時期に突入してきました。

スポーツの秋!自分はもともとサッカー部で、高校・大学時代は勉強も遊びも(?)二の次でサッカーに没頭していました。

ラグビーのワールドカップ、盛り上がっていますよね〜!前回のワールドカップの南アフリカ戦から「あれっ、日本ってひょっとして強いんじゃね!?」と日本人がみんな感じ始めたと思うんですが、もちろん自分もその一人。

そして今回の桜ジャージの日本代表の大活躍!日本中は否が応でも盛り上がりますよね。

自分はこの盛り上がりを予測していた!訳ではないんですけど(笑)、なんとワールドカップのチケットを予約してゲットしていました!

 

 

 

東京スタジアムで行われたニュージーランドVSナミビア戦!ちょっと格が違うので接戦は期待していませんでしたが、オールブラックスのハカはとても楽しみでした。オールブラックスがピッチで三角形に整列すると満員のスタジアムが静まり返ります。その後、勇ましいパフォーマンスが!あれだけ大きいスタジアムにものすごい雄たけびが響き渡ります。鳥肌が立つぐらいの迫力でした!

 

試合は案の定、ニュージーランドの圧勝でした。満員の観客はなんとかナミビアに1トライを挙げてほしくて、後半からはナミビアへの応援が目立ちました。でもさすがオールブラックス、とうとうナミビアにトライを許しませんでした。

 

さあ今週末はベスト8をかけて日本はスコットランド戦です。過去の戦績を見ると散々ですが、今の日本代表なら行けそうですよね。自分も魂を込めて応援します。

がんばれ!日本!!


千葉 被災地へ

秋めいてきましたが、日中は残暑が厳しい日が続いています。

 

台風15号が日本各地に被害をもたらせましたが、あれから約3週間。千葉県ではまだまだ被災された方が平穏な日常生活に戻れず、毎日苦労されているようです。自分にとって千葉は少なからず関係があり、何かお手伝いが出来ないかと思い遅まきながらボランティアに参加してきました。

 

 

ボランティアは混乱を避けるため、県内もしくは市内在住の方に限るという市町村が多いんです。富津市は県外のボランティアも募集していたので、日曜日の早朝、富津市役所に出向きました。

雨にもかかわらず、たくさんのボランティ希望の方がいらっしゃいました。受付後、マッチングと言って「どの方」が「どの地域」に行って活動をしてもらうかということを市役所の職員の方が割り振ります。

自分は4人の仲間と行きましたが、我々に与えられたボランティア活動は倒壊した公民館の片付けでした。

 

現場までは市役所から30分ほど車で走ったところにありました。その場所はかなり田舎にあり、途中あまりにも細い道を行くものだから「本当にこの道でいいのかな〜」なんて言いながら現場に着きました。

公民館と聞いていたのでさぞかし立派な建物なんだろうと想像していましたが、非常に小さい建物でした。そのあたりの集落には2〜30軒の民家があり、公民館は地域の方々の憩いの場であり小さいながらもとても大切な建物だったようです。

早くからボランティアの要請はしていたようですが、住居では無いので復興は後回しになってしまっていたみたいです。

片付けと言うよりは解体のお手伝いをして、がれきを撤去すると言うことが今回のメインの活動です。

 

 

20人弱のボランティアの方と地元の方と協力して朝9時から15時まで、小雨の中、がれきの撤去のお手伝いしました。来ていた方々は色々なところから来ていました。多かったのは東京、神奈川の方でしたが、静岡県、長野県の方もいらっしゃいました。

目黒区から高校生の女の子がたった一人で参加していました。車も無いので朝早く電車で来たそうです。「何でもいいから協力できることがあればと思って」と言っていました。高校生がなかなか出来ることではないですよね。こういう高校生を目の当たりにすると「大人ももっと頑張らなくっちゃ!」と思います。

 

本当に物音一つしないのどかな田園地域でした。耳を澄ますと木々を揺らす風の音、鳥の声、蛙の声しか聞こえません。季節は既に秋。彼岸花が誰が管理するわけでもなくあちらこちらに咲いていて、トンボやバッタもたくさんいました。横浜、東京に住んでいるとこういう自然を忘れてしまっていますが、今回ボランティアに参加させてもらい古き良き日本に久しぶりに触れることができました。とても貴重な1日でした!

 

 

横浜はインフルエンザが出始めました。こんな時期にと思われますが、先週は10名以上のインフルエンザの方がいました。

大流行というわけではありませんが今後更に気温が下がり空気も乾燥してきますので、どうぞ皆さん気をつけてくださいね!

 

 


| 1/24PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM